訪問マッサージと訪問リハビリの違いは?

訪問マッサージを知っていますか?どこかで聞いた事ある人が多いのではないでしょうか?体が思うように動かずに辛い思いをしている人がいます。そんな人に向けたマッサージです。ここでは訪問マッサージについて解説します。

・訪問マッサージ

2006年に介護保険制度の基、介護予防が認可され同時に変わった医療法で入院期間、リハビリ期間が大きく短縮されてしまいました。このような事があり介護難民やリハビリ難民という言葉が聞かれるようになりました。耳にした事ある人もいる事でしょう。

患者の人が満足にリハビリを受ける事が難しくなったのです。それに加えて介護保険制度での訪問リハビリを担当する理学療法士や作業療法士、言語療法士のマンパワー不足が重なり中でも慢性期や維持期の患者のリハビリが難しくなっているのです。

。訪問マッサージとはそんな人達のために各種医療保険制度を使って、医療上マッサージが必要な人に対して在宅で受ける事ができるマッサージ療法の事です。
・訪問マッサージと訪問リハビリ

どちらも治療の目的は身体能力を回復させる事です。痛みを取り除くとか、障害を可能な限り回復させて残されている能力を最大限に高めて、身体的にも社会的にも自立した生活生活をできるようにするのです。訪問リハビリは機能訓練を主な柱として行います。対して訪問マッサージの方は機能訓練をさらに効果的に行うための援助で、身体のメンテナンスが主な目的になります。訪問マッサージを利用して元気な身体を目指しましょう。